The health of the cat
猫の健康

トップ > 猫の健康

目次

  • 予防注射
  • 猫の習性
  • 猫の飼育
  • 尿道結石

尿道結石

寒くなると、運動しなくなったり、食べては寝ての生活で太っていったり…そのため、水を飲む量が減ってトイレに行く回数が減ったり、寒さのあまりトイレを我慢してしまう事があります。また、ねこちゃんは綺麗好きの為、トイレが汚くて我慢することも… それが原因で、「膀胱炎」や「尿石症」「尿道閉塞」といったおしっこに関した病気が増えてきます。

膀胱炎って何?

おしっこするときに、バイ菌が膀胱に侵入して、炎症がおきることです。

尿石症って何?

どのようにして尿路に石が形成されるかは不明ですが、一般的に尿の中に含まれる成分が何らかの原因(食事に含まれるマグネシウムの量や飲料水の影響など)で、膀胱内でつりあいが取れなくなり、結石ができると言われています。その中でも、マグネシウムを多量に摂取することによってできるといわれているストルバイト結石が1番ねこちゃんに多いとされています。

※この他にもシュウ酸カルシウム、尿酸アンモニウム、尿酸などの成分による結石も最近見られるようになりました。 そして、結石でおしっこの通り道が閉塞してしまうことを「尿道閉塞」といいます。特に男の子のねこちゃんは、おちんちんの先が細くなっている為、よくみられる病気です。

どんな症状がでるの?
  • おしっこの回数が増え、少量しか出ない。(ポタポタ出る)
  • いつもの場所以外でおしっこをする。
  • 血尿が出る。
  • 頻回にトイレに行って、おしっこの姿勢をとるのに出ない。
  • おしっこをするとき痛がって鳴く。
  • おしっこの出口をよく舐める。
  • お腹が張ってくる。
これらが進行すると?
  • 元気がなくなる。
  • 食欲が無くなる。
  • 嘔吐する。

などの症状が見られ、おしっこが出なくなると、尿毒症(尿中の毒素が体に回る)や膀胱破裂に移行して、重症の場合、死に至ってしまうこともあります。

予防はどうすればいいの?
  • 定期的な尿検査をしていますか?
  • トイレはいつも綺麗で、暖かい場所に置いていますか?
  • 新鮮なお水をいつも用意できていますか?
  • 適度な運動はできていますか?
  • 太ってきてはいませんか?(肥満気味の子は運動が減ります)
  • 食事でも予防できます。(ヒルズ:c/d,w/d、ウォルサム:PHコントロール、PHコントロールスターターなど)※病院の処方食になります

一日でもおしっこが出ないとねこちゃんの命に関わる事も… 日頃からねこちゃんの食欲、元気、ウンチ、おしっこの様子をよく観察しましょう。これらの病気に関わらず、寒い冬も、暑い夏同様、健康な日々を過ごしていけるよう、気をつけてあげて下さい。