The health of the cat
猫の健康

トップ > 猫の健康

目次

  • 予防注射
  • 猫の習性
  • 猫の飼育
  • 尿道結石

予防注射

早期ワクチン接種

母親からもらった免疫が減少してくると、子猫が伝染病にかかる危険性が高まります。伝染病は、時には大切な愛猫の命さえもおびやかす恐ろしい病気です。あなたの愛猫を恐ろしい伝染病から守るために愛情一滴。「ワクチン接種による病気の予防」をしましょう。

確実な予防効果を得るためには、3~4週間隔で2回~3回ワクチン接種をしましょう。

ワクチンは伝染病予防のためのものですが、100%病気を予防できるものではありません。しかし、ワクチン接種した猫は病気になってしまったとしても、ワクチン接種をしていない猫と比べるとその症状ははるかに軽くすみます。

  • 子猫には(9週齢以上)3~4週間隔で2~3回
  • 免疫を持続させるために年一回の追加接種が必要です。
  • ワクチン注射後すぐに抗体がつくわけではありません。他の猫との接触をできる限り避け(仔猫の場合)、種々のストレスを与えないようにしてください。

主な伝染病

猫カリシウィルス感染症

この病気にかかる猫は非常に多く、風邪によく似たくしゃみ、鼻水、軽度の発熱などの症状を起こします。口内炎に潰瘍、水疱ができるのが特徴で、稀に急性結膜炎、鼻炎、一過性の発熱が見られる他、関節と筋肉の痛みから跛行(うまく歩けない)になることもあります。また、子猫の場合他の病気との合併症により症状が悪化し、死亡することもあります。キャリアー(ウィルスを体内に持っている猫)から感染します。ワクチンによる予防が有効です。

猫ウィルス性鼻気管炎(FVR)

猫風邪といわれ、風邪によく似たくしゃみ、鼻水、軽度の発熱などの症状の他、角膜炎や結膜炎が見られ、重症になると死亡することもあります。キャリアーからの感染の他、鼻水、唾液、食器、寝具などからも感染します。ワクチンによる予防が有効です。

猫汎白血球減少症(猫パルボ)

子猫では、食欲・元気消失、発熱、嘔吐、下痢などの症状が見られることもある伝染性も強く死亡率の高い病気です。妊娠中の母親が感染すると、流産、異常産を起こすこともあります。経過が速く、治療が困難なため、ワクチンによる予防が有効です。

猫白血病(FeLV)

白血球、血液の癌です。症状として元気消失、食欲不振、痩せ、下痢、リンパ節の腫大がゆっくりと進行していきます。このウィルスは唾液に多く含まれているため猫同士のグルーミングや食器などから感染します。ワクチンがあるため予防できます。

猫クラミジア

この病気は人にも感染する人畜共通感染症(ズーノーシス)で、人では結膜炎や肺炎になったりします。 目や鼻から侵入し、結膜炎・鼻水・くしゃみなどが見られます。ワクチンでの予防が有効です。

猫後天性免疫不全(FIV)

猫エイズと言われ、白血病と同じようにゆっくり症状が出てくる病気で色々な細菌感染にかかりやすく、主に口内炎で口の中に潰瘍ができたり、口臭やよだれが目立ちます。猫同士のケンカでウィルスをもつ猫の唾液がその傷口に入ることで感染します。残念ながらこの病気はワクチンがない状態です。

猫伝染性腹膜炎(FIP)

発症する確率は低く、6~7%といわれていますが一度発症すると100%死亡する恐ろしい病気です。症状として発熱、食欲不振、貧血、黄疸が見られます。腹部、胸部に水が溜まることもあります。 この病気は現在ワクチンはありませんので、ストレスをさけることが最善策です。