The health of the dog
犬の健康

トップ > 犬の健康

目次

  • 健康管理スケジュール
  • 予防注射
  • フィラリア症
  • 不妊手術
  • 仔犬について

不妊手術 不妊手術を学ぼう

不妊手術の必要性

不妊手術が必要であるという認識がだいぶん高まってきたように思います。現代の社会では、 人間に飼育されている犬は人間の管理の下に生活しています。人間が管理できない犬を増やすことは 、犬を不幸にすることにほかなりません。また、遺伝病を背負って生まれた犬を交配させないことは、 もはや常識です。その他、健康上の配慮からも、不妊手術が勧められるケースはたくさんあります。

医学的な理由

不妊手術を行うことで、オスもメスもより健康的に長生きすることができ、多くの病気を予防できるメリットが医学的に証明されているからです。

メスでは子宮蓄膿症、子宮ガン、卵巣ガン、といった病気が予防できます。子宮蓄膿症は中年から高年のメス犬に多発し子宮内に膿が溜まって、 その毒が全身に広がり致死率が高い病気です。また、犬の乳腺腫瘍は50%が悪性で、胸や腹部にガン細胞が転移して死期を早めます。 腫瘍ができると、悪性の場合を考えて通常乳腺腫瘍全部を摘出する大手術がおこなわれます。犬が2回発情してから不妊手術をすると、 乳腺腫瘍の発生率が4分の1になり、1回の発情後では12分の1、発情が来る前に不妊手術をすると200分の1まで、発生率を下げることができます。

オスでは、精巣腫瘍、精巣上体腫瘍、肛門周囲腺腫といった病気が予防できます。 精巣腫瘍は多くの場合悪性ではありませんが、セルトリ細胞というエストロジェンホルモンを分泌する細胞が精巣内で異常増殖し、過剰のホルモンを生産することで犬に害を及ぼします。また、不妊手術をしないオスの60%は、5歳を過ぎると前立腺肥大になります。これは尿道を圧迫して排尿を阻害し慢性の膀胱炎や腎臓感染、残尿感という強い症状を伴います。 前立腺肥大症には、内科治療もありますが外科的に精巣を取り除く(不妊手術)の方が効果的な治療方法になります。

犬の乳腺腫瘍発生率と卵巣子宮摘出手術の時期との関係
手術を行った時期 発生率
最初の発情の前 0.5%
1回目の発情後 8%
2-3回目の発情後 25%
2.5歳以上 関係なし
遺伝的な理由

現在、犬の遺伝病が非常な勢いでクローズアップされてきています。純血種、特に血統書付きの犬は、近親交配を続けた結果、生物学的に望ましくない遺伝子が顕在化し、さまざまな病気が、いわゆる「犬種病」として認識されるようになってきました。1994年にすでに300種類以上の病気が遺伝病として認識され、その数は毎年急速に増加しています。また、遺伝病が劣性 の遺伝子に組み込まれている場合には、全く症状を表さなくても、その子孫に病気が発病します。

それ故、犬を繁殖に使用する前に厳しくチェックし、子孫に病気が伝わるのを予防しなくてはならないのです。 遺伝病のことを考えないで繁殖し続けると、日本中の犬に遺伝病が蔓延してしまいます。 股関節形成不全やアトピーのような遺伝病を持っているからといって、即安楽死するということではないのです。 その犬は病気の治療を受けながら天寿を全うすることができます。大切なのは、遺伝病を有すると判明した犬を、決して繁殖に使用しては いけないということです。 さらに、専門家によって遺伝病の調査や診察を受けずに、決して犬に子供を産ますべきではないというのが、現在の獣医師の一致した見解です。

行動学的な理由

不妊手術をするとオスもメスもその行動に変化が生じ、おとなしくて飼いやすい犬になるという特典もあります。(環境・犬の性格によって変化のでない犬も多い)オスもメスも、縄張り意識が減少し、来客に吠えたり噛み付いたりということが少なくなります。家の中に排尿していわゆるマーキングのにおいを残す、というような行為も 予防できます。闘争心が和らぐため、公園や道端で出会った他の犬と取っ組み合いのケンカを始めるようなことも少なくなります。特に住宅が密集している地域に住む人は、犬の吠え声は近所迷惑になり、隣人の苦情からやむなく犬を保険所へということも珍しくないのです。不妊手術は犬の夜の遠吠えや通行人に向かって吠える行為を抑制する効果もあります。また、人間の足や柱にしがみついて腰をふる行為も少なくなります。

メスの場合は発情がなくなることで、周期的な出血がなくなります。発情期は人間の生理の時と同様に気分にムラができ、急に子供や来客に噛みつくという事故が発生しやすくもなります。日本でもアメリカでも、毎年10万匹という犬が保健所に持ち込まれます。 人間社会で一緒に生活する以上、犬も最低限のマナーを守れないと生きていけないのです。健康で活き活きとした若い犬が自分の性的な本能に従ったという理由で安楽死されるのはあまりにも悲しすぎます。不妊手術をすることで、このような悲劇を減らすことができます。

ただし、性的に成熟した犬は、性的な本能から発展して大脳で学習して、さまざまな行為を学びます。一度遠吠えの習慣がついてしまった犬、テリトリーの意識を学習してしまった成犬は、 不妊手術後も行為を続けることが多いです。性的に成熟する前や、吠えるというような行為が習慣づく前に、不妊手術をするのが望ましいのです。

メスの避妊手術

手術の適切な時期は、生後5~6ヶ月です。以前はよく、1度出産させてから、避妊手術をした方がよいと言われていましたが、この主張には医学的な根拠がありません。避妊手術には、お腹を切開し卵巣のみ、あるいは子宮のみを摘出する方法もありますが、現在では卵巣と子宮を共に摘出する手術が最も一般的で、常識的な方法です。卵巣のみを摘出すると、後になって子宮蓄膿症を発病する恐れがあることが、医学的に証明されています。子宮を摘出するわけですから、当然子宮の病気、すなわち子宮蓄膿症・子宮内膜炎・子宮捻転・子宮破裂などの病気はなくなります。

切開線の大きさは、小さければよいというものではないのです。特にメスの場合は最低でも4センチは切り、腹部を大きく開いて手術するべきだというのが最新の見解です。小さい切り口だと内部がよく見えず、出血している血管を見逃したり子宮や卵巣を一部取り残して、後遺症がでることが心配されます。特に子宮はほんの少しでも取り残すと、晩年子宮内膜症や腫瘍の発生が頻発します。

手術の切り口は、非吸収性の糸やワイヤーで縫った場合、約12日後に抜糸が必要です。外科用のホッチキス、あるいは外科用の接着剤やテープも近年頻繁に用いられています。どれを用いるかは、獣医師の好みでありどれが勝っているともいいがたいです。

オスの去勢手術

手術の時期は、通常8~9ヶ月が最適です。超大型犬の場合、1年を少し過ぎてから行うのがよいでしょう。オスの去勢手術は、睾丸を摘出する方法をとります。オスの場合は、 陰嚢を避けて、付け根の全部を切る事になります。手術をすることによって、肛門周辺腺などの病気が押さえられることも確認されています。さらに、多くのオスは年をとる と前立腺肥大症となり、尿や便がでにくくなることがありますが、去勢手術をすればそのような障害を予防できることもわかっています。

ベッセルシーリングシステム

当院では「縫合糸肉芽腫」の発生を予防するために「ベッセルシーリングシステム」を使用しての不妊手術を推奨しています。
詳しくはこちらをご覧ください>>

手術と肥満との関係

手術をすると、肥満して動作が鈍くなると言われますが、医学的に見ればこれは誤解です。手術と肥満には因果関係はありません。しかし、実際には手術後に肥満した犬をしばしば見かけます。その原因はカロリーの摂り過ぎです。食事を規定量以上に与えれば、手術に関係なく犬が太るのは当然です。

手術前と同じ量を与え、運動量にも変わりがなければ、肥満することはありません。もし、食事量が増えないのに肥満するようなら、何か病気にかかったことが考えられますので獣医師に相談してください。

◆手術後に肥満した場合、次のようなことが考えられます

犬にとって、食欲・性欲・行動(運動)欲が3大欲望です。不妊手術によって、そのうちの性欲が抑制されると、残りは食欲と行動欲になります。そこで、一部の犬はたくさん食べたがり、飼い主も食欲旺盛なのは健康の証拠と思ってつい欲しがるだけを与え、その結果犬が肥満してしまうのです。

しかし、食事は必要量だけ与えればよいのであり、人間と同じように肥満は万病の元ですから、飼い主は注意する必要があります。また、手術は犬の性格や気質、あるいは知能の発達に、何らかの影響を与えるものではありません。犬の知能の発達は、1~2歳までにはまだ完了しないのが普通です。したがって、知能が発達しきっていない時期に手術を行い、その後に性格が変わったように見えても、それは手術のせいではありません。

早すぎる不妊手術に障害はあるか

◆オスの場合

どんなに早くても3ヶ月以前の手術はあまりお勧めできません。最も早くても、4ヶ月以後にするべきでしょう。去勢手術の時期が早めであっても、性格的な面には一切影響がありません。ただ、次のような問題が起きることが考えられます。オスは成長するとペニスの包皮がむけ、メスとの交合が可能になります。ところが、あまり早くに去勢手術を行うと包皮がむけるのが遅くなることがあり、交合ができなくなります。このように言うと、去勢すれば交合の必要はないんだから、問題はないと思うかもしれません。しかし、去勢手術によって精子をつくる機能はなくなっても、交合の欲求が完全になくなるわけではありません。発情しているメスがいれば、交合の行動をしようとするオスもいます。

◆メスの場合

避妊手術が早すぎると、尿を我慢できなくなり、あちこちにおもらしするという行動が現れることがあります。これは適切な時期に手術しても、1000頭に1 頭ぐらいの割合で起こる行動ですが、より早く手術をすれば、その比率が高くなるといわれています。いずれにせよ、多少早めでも、避妊手術を行う方が行わないよりメリットがあることは、確かです。

手術をしないで飼う場合

犬は、人間と違って本能で繁殖を行います。それ故、発情期があり、その時以外は交配は行いません。犬の発情を人間の食欲と同様に考えて下さい。発情期の犬を交配させないというのは、近所からにおってくるおいしそうなにおいを嗅ぎながら、独りじっと耐えることであります。空腹状態で目の前の豪華な料理を眺めるだけ、という状態を想像してください。

不妊手術をせずに交配させないのは、犬の本能を考えると手術よりもずっと残酷であり、拷問に近いと言えないでしょうか。犬と人間は根本的に違うというのを認識してほしいのです。人間はもう数十年のも前に犬を家畜化し、そしてペットとして一緒に暮らすようにしました。それが良いか悪いかは別として、その時以来、人間には犬の世話をする責任と義務が生じてしまいました。

不妊手術は確かに自然ではないです。しかし、犬をペットとして飼う限り、その犬の健康と幸せを維持する義務が人間にあります。不妊手術は犬の幸せのために行われているのです。不自然だからかわいそうだから、と思うのは人間の方であり、そもそも野生動物をペット化してしまったのが、不自然の始まりでしょう。