The health of the dog
犬の健康

トップ > 犬の健康

目次

  • 健康管理スケジュール
  • 予防注射
  • フィラリア症
  • 不妊手術
  • 仔犬について

仔犬について

ペットは現代人の心を癒し、心を豊かにする存在として多くの人に飼われています。 しかしその一方で心ない一部の無責任な飼い主もおり近隣とのトラブルや迷惑なども多く発生しています。 ペットと飼う人は愛情と責任を持って他人に迷惑をかけない飼い方をすることが大切です。 そのためには動物の生理や本能、習慣をよく知った上で「しつけ」をすることが必要です。 毎年何万匹の犬が飼えなくなったと病院での安楽死、保健所や自治体に引き取られその命を終えています。 私たち飼い主が責任を放棄すれば生きていけない存在なのです。飼う前にもう一度考えてみてください。責任を持って飼えるかどうか…

仔犬を飼う前にチェックしてみよう
  • 流行に惑わされず自分の暮らしにあった犬種をえらんでいますか?
  • 成犬になった時の大きさを知っていますか?
  • 犬種の性格、習性を知っていますか?
  • 運動量、毛の手入れの手間は?

犬を飼ってもいい環境ですか?近くに運動できる場所はありますか?テレビ・雑誌などの流行、珍しさで安易に犬種を選んでないですか?必ず犬種の特徴を調べ犬種の良さを知り、自分で責任を持って飼っていけるかじっくり考えてみてください。

仔犬をむかえたら
仔犬の社会化
3~7週齢 母犬や兄弟犬からコミュニケーションの仕方を学びます。
7~8週齢 親離れの時期です。
8週齢 この時期に受けた強い恐怖や痛みは生涯影響を受けます。
9週齢 トイレの好みや習慣性が確立されます。
7~14週齢 外からの刺激を受け入れやすい時期です。

上手に社会化させるには

いろんな人に会わせる。いろんな種類体格のわんちゃんに会わす。 (車、オートバイ、エレベーター、大きな音、子供の遊ぶ声など)

  • ワクチンや検便などの健康管理は必ずしましょう。
  • 仔犬を連れての散歩時期は獣医さんに相談しましょう。
うまく社会化できないと

他の犬との付き合い方がわからず、かむ力の制限ができない。家族以外の人を怖がり他の犬や人に攻撃的になる。 何に対しても臆病になりストレスに弱くなります。適切な社会化ができるかどうか、わんちゃんをどんな子に育てるか飼い主さんしだいです。

かわいさのあまり犬の欲求をすべて満たしてあげたり、犬の言いなりになっていることはありませんか? その結果、犬の自我を強くし我がままになり1歳を過ぎたころからわがままが通らなかったり、嫌なことをすると 飼い主を威嚇し攻撃行動へと発展していきます。しつけは犬が飽きないように楽しくやりましょう。 いつも同じ生活はやめましょう。散歩コースを変えたり生活習慣も変えることも大切です。

トイレのしつけ

しつける前に環境を整えましょう。 まず飼い主さんがトイレの場所を決めてあげてください。

  • 落着いて排泄出来る場所ですか?
  • トイレとわかりやすい場所ですか?
  • 仔犬がすぐ行き易い場所ですか?
  • 食器・寝床・トイレの距離は充分にあいていますか?
  • トイレの材質は、何か決めましたか?(新聞・ペットシーツなど)

人が出入りする場所やテレビの近く・段差や障害があるところにトイレを置くのは避けましょう。犬は食器や寝床の近くでは、排泄しない習慣をもっているのでトイレの近くには置かないようにしましょう。仔犬は排泄の間隔が短いので、生活リズムや排泄の姿勢を飼い主が理解判断し、トイレの前に連れて行ってあげてください。

留守をする時・目を離す時は、サークルなどに入れて行動範囲を制限してあげましょう。正しい場所でした時は必ず誉めてあげましょう。誉める事で習慣がつきます。ごほうびをあげるのもよいです。根気よく、続けることが大切です。一度成功しても生後6ヶ月ぐらいまでは、また乱れる事もあります。環境の変化でも乱れる事があります。失敗しても何も言わず片付けてください。臭いが残るとまたそこでしてしまうので、しっかりふき取ることが大切です。一方で叱ってしまえば今度は飼い主さんの見てないところでするなど、子犬は排泄すること自体が(いけないこと)と思ってしまいます。失敗するには原因があるはず環境を整え排泄のリズムをつかめば失敗することもなくなるでしょう。もう一度はじめから原因を探ってみましょう。

あまがみじゃれがみに困っていませんか?

あまがみとは、仔犬が成長する際に、周囲のものを口に入れて確かめる正常な発育過程ですが、人の手を噛ませないようにしつける事はとても大切な事です。

◆なぜ大切かというと?

人の手に決して歯を当ててはいけないと教えていく事によって仔犬はかむ力を調節する事を覚えるからです。あまがみをほっておくと興奮して噛んでくる事があります。
※歯を当てて噛んできたら<だめ、痛い>などの声をだして、子犬の注意をそらしすぐにそのばからはなれましょう。それでもしつこくかんでくる場合、サークル等に入れましょう。

サークルの中にはあらかじめ、お気に入りのオモチャをいくつかいれておき、ひとりになって遊べるようにしておくとよいでしょう。遊びの対象をヒト以外に向けてあまがみをやめさせましょう。

◆大切なこと

家族全員で教えましょう。
仔犬はしかられてもすぐに忘れてしまうので、何回も繰り返し教えましょう。
仔犬の前で手をオモチャにしてあそぶのはやめましょう。
絶対に体罰で教える事は止めましょう。
体罰によるストレスで臆病になったり逆に攻撃的になることがあります。 押さえつけたり、たたいたりする事により、飼い主の手を怖がるようになり恐怖のため、相手を噛むことも・・

次のページへ(2/3)