The health of the dog
犬の健康

トップ > 犬の健康

目次

  • 健康管理スケジュール
  • 予防注射
  • フィラリア症
  • 不妊手術
  • 仔犬について

予防注射

早期ワクチン接種

母親からもらった免疫が無くなる生後2~3か月頃から、子犬が伝染病にかかる危険性があります。 伝染病は、時には愛犬の命さえもおびやかす恐ろしい病気です。 愛犬を伝染病から守るために、「ワクチン接種による病気の予防」をしましょう。母親から受けた免疫が無くなる前に、子犬が病気にかかる割合をより低くするためには早い時期でのワクチン接種が必要です。さらに、確実な予防効果を得るためには、2~3回のワクチンを接種する必要があります。 ワクチンは伝染病予防のためのものですが、100%病気を予防できるものではありません。しかし、ワクチンを接種した犬は、病気になってしまったとしても、ワクチン接種をしていない犬と比べると、その症状ははるかに軽くすみます。

  • 子犬には3週間以上の間隔で2~3回
  • 成犬には免疫を持続させるために、年一回の追加接種が必要です。
  • ワクチン注射後すぐに抵抗がつくわけではありません。他の犬との接触をできる限り避け(仔犬の場合)、種々のストレスを与えないようにしてください。

主な伝染病

犬ジステンパー

高熱、目ヤニ、鼻水が出て、元気や食欲がなくなり、嘔吐や下痢もします。 また、病気が進むと神経系がおかされマヒなどの後遺症が残る場合があります。 死亡率の高い病気です。

犬伝染性肝炎

発熱、腹痛、嘔吐、下痢がみられ、目が白く濁ることもあります。 生後1年未満の子犬が感染すると、全く症状を示すことなく突然死することがあります。

犬アデノウイルス2型感染症(犬伝染性喉頭気管炎)

発熱、食欲不振、クシャミ、鼻水の他、短く乾いた咳がみられ、肺炎を起こすこともあります。 他のウイルスとの混合感染により症状が重くなり、死亡率が高くなる呼吸器病です。

犬パルボウイルス感染症

激しい嘔吐、下痢を起こし、食欲がなくなり、急激に衰弱します。 重症になると脱水症状が進み、短時間で死亡することもあります。伝染力が強く、死亡率の高い病気です。

犬パラインフルエンザウイルス感染症

カゼ症状がみられ、混合感染や二次感染が起こることもあります。 伝染性が非常に強い病気です。

犬レプトスピラ感染症

3種類のタイプがあります。 発熱、嘔吐、黄疸、歯肉からの出血がみられます。 腎炎・肝炎症状などが現れ、発熱し、元気食欲がなくなります。 また、嘔吐や血便をし、腎臓がはれて死亡することもあります。 汚染した下水、沼、田の水を飲んだり犬の尿からも感染します。これは人間にも共通の伝染病です。

犬コロナウィルス感染症

主に嘔吐や下痢、脱水の症状を起こします。 幼若な仔犬の場合、犬パルボウィルスなど他のウィルスや細菌などの二次感染を誘発し、 症状が重くなる場合があります。