Case Report
症例報告

トップ > 症例報告

症例報告

※写真をクリックすると拡大して表示されます。

動脈管開存症(PDA)

動脈管開存症(PDA) 動脈管開存症(PDA) 動脈管開存症(PDA)


5ヶ月齢にて心雑音があったチワワの症例です。
心臓超音波検査にて動脈管開存症と診断し、外科手術となりました。
動脈管開存症とは胎児期に重要な役割をしている動脈管が生後も閉鎖せずに残存する結果、左心系に負担がかかり、心不全や肺水腫へと移行する病気です。
この症例は心負荷が認められたものの、手術可能な状態であったため、開胸術による残存血管の結紮を実施し、完治へと至りました。

猫の門脈シャント

猫の門脈シャント 猫の門脈シャント 猫の門脈シャント
猫の門脈シャント 猫の門脈シャント


先天性門脈体循環シャントとは、生まれつき、門脈系の血管と後大静脈や奇静脈など体循環の血管が短絡した状態の事を指します。
血管が短絡してしまっていることにより、肝臓を迂回し、全身循環へと流入してしまいます。そのため、消化管で発生するアンモニアやエンドトキシンなどの毒性物質が門脈血から除去されず、神経症状や嘔吐などの症状が引き起こされることがあります。
また、成長因子なども肝臓を迂回してしまうため、肝臓が大きくならず、小肝症になることもあります。
今回の症例は、神経症状(痙攣発作や眼振、失明)を主訴にご来院されました。
CT検査を行ったところ、シャント血管が見つかり、シャント血管を結紮する手術を行いました。

猫の注射部位肉腫

猫の注射部位肉腫 猫の注射部位肉腫 猫の注射部位肉腫


この症例は、ネコの注射部位肉腫と呼ばれている腫瘍です。
ネコの注射部位肉腫は皮膚に発生する腫瘍であり、ネコの腫瘍の約10%を占めます。
はっきりとした原因は明らかではありませんが、注射部位の炎症が引き金となり発生すると考えられています。注射部位肉腫は悪性度の高い腫瘍であり、局所浸潤性が強く、病理組織学的に完全切除と診断された場合でも、再発する場合は少なくない。また遠隔転移も0~20%の症例で起こります。
治療としては、できるだけ広範囲の外科切除を行う。腫瘍の取り残しがある事もあるため、術後に根治的放射線治療や抗ガン剤治療を行うこともある。
この症例は、広範囲に外科的切除を行い、取り残しもなく切除できました。
現在、局所再発しないよう、抗ガン剤治療を行いながら、経過観察しております。

橈尺骨骨折

橈尺骨骨折 橈尺骨骨折


今回の症例は、6ヶ月齢のチワワのワンちゃんです。
ソファーから落ちた際に痛がり、右前足の挙上を主訴にご来院されました。
明らかに、前足が違う方向に曲がっているため、骨折と診断し、レントゲン撮影を行い、橈尺骨の骨折と診断しました。骨折の症状は、部位や程度によって異なりますが、もっとも多く見られる症状は局所の痛みや腫れです。
今回は、Advanced Locking Plate System (ALPS) という新しい骨接合法で骨折症例の治療を行っています。
Advanced Locking Plate System
従来型のプレートのように広い面積で骨と接するプレートを用いて固定を行った場合、プレート下の骨はプレートとの接触面において血行が絶たれ壊死し、それがリモデリングされると骨密度が低下します。この骨密度の低下を防ぐために、骨折部局所への血行を温存することの重要性が近年改めて認識されるようになってきております。Advaed Locking Plate System (ALPS)は従来型のプレートシステムの欠点を改良し、より使いやすく、より骨への血行を阻害しないようにというコンセプトで作られております。
Advanced Locking Plate System の特徴
1. 骨への血行障害は最小限である
2. 上下左右にベンディング可能でより3次元的な成形が可能
3. すべての部位においてプレート強度は均一である
4. ロッキングスクリューと圧着型スクリュー(皮質骨スクリュー)の双方が使用できる
5. ダイナミックコンプレッション機能
6. 生体親和性の高いチタン製
7. トイ犬種から馬まで応用できるサイズ展開がある

甲状腺癌

甲状腺癌 甲状腺癌 甲状腺癌


イヌにおいて甲状腺腫瘍の多くは甲状腺癌で、中齢から高齢で発症し、好発犬種はボクサーやビーグル、ゴールデンレトリバーとされています。 この症例は、飼い主様が体を触っていたところ、喉の脇にしこりがあるのに気づき、来院されました。他に大きな症状などはありませんでしたが、犬種がビーグルで、しこりがある場所が甲状腺のある場所だったので、しこりを外科的に切除し、組織検査を行うことになりました。
主に、甲状腺癌の場合、物理的な圧迫や周囲への腫瘍の浸潤による呼吸困難や嚥下障害を主訴に来院されることが多いとされています。
治療としては、可動性があり、周囲への浸潤がなく、転移のみられない腫瘍は外科的な切除が第一選択になります。また、手術や麻酔のリスクとなる甲状腺機能の異常や、それにともなう問題は内科的治療でコントロールしておく必要があります。
この症例は、外科的に切除を行い、組織検査で甲状腺濾胞腺癌と診断され、現在経過は良好です。

肛門周囲腺癌

肛門周囲腺癌 肛門周囲腺癌

肛門周囲腺癌は肛門の周りに存在する分泌腺が腫瘍化したもので、主に肛門周囲や尻尾の付け根に出来ることが多い腫瘍です。
男性ホルモンに関係している腫瘍なので未去勢の老犬に多く見られ、去勢した犬やメスではあまり発生しません。
肛門周囲に発生するので外科的に摘出する際、肛門の排便機能を維持して摘出するのは大変難しい手術になります。
この症例では腫瘍が破裂し出血などを生じ、生活にも支障をきたす状態であったため摘出手術をしています。
手術後の排便機能も問題なく、腫瘍と接していた尻尾も温存し摘出できました。
現在術後の経過は良好です。

GIST

GIST GIST

消化管間質細胞腫瘍gastrointestinal stromal cell tumor(GIST)は胃や腸など消化管の壁の筋肉層に発生する腫瘍です。犬では最近になって分類された腫瘍でまだ報告数が少ない症例になります。
一般にGISTは転移しにくい腫瘍といわれ完全に摘出できれば完治が期待できますが、発見が遅くなり巨大化して腫瘍表面が割れてしまうと、そこから腫瘍細胞が浸潤する可能性が高くなります。
この症例では直腸の背側に腫瘍ができ、排便が困難になったので摘出手術を行いました。

口腔内腫瘍

口腔内腫瘍 口腔内腫瘍2

この症例の口腔内腫瘍は極細胞性エプリスという腫瘍です。
歯根部から発生する歯原性腫瘍で、分類は良性腫瘍なのですが浸潤性が強くすぐに大きくなり、摘出したとしても再発率も高いので、局所的には悪性に近い扱いをされています。
患部の歯の抜歯と歯根部からの腫瘍の除去により治療することもありますが、
多くの症例で顎の骨に浸潤してしまい、その場合は第一選択として顎の骨の切除(顎切除)が必要になります。
その他口腔内腫瘍は悪性黒色腫や扁平上皮がんといった悪性のものも多く注意が必要です。

上皮小体腫瘍

上皮小体エコー 上皮小体腫瘍

副甲状腺の腺腫、癌、過形成を原因とする副甲状腺(上皮小体)ホルモンの過剰分泌が主な原因です。
随伴する症状として多飲多尿・嘔吐や下痢、便秘・痙攣・骨密度の低下(骨粗鬆症)・膀胱結石・高カルシウム血症などが見られます。
進行すると腎不全や心・血管系への負担となるほか、骨粗鬆症より生じる骨折なども見られます。
第一選択は外科的摘出になります。
この症例は摘出手術により投薬も必要なく腫瘍も良性だったため完治へと至りました。

神経鞘腫

神経鞘腫 神経鞘腫CT 神経鞘腫CT

軟部組織の腫瘍で血管や神経細胞から発生します。
神経から発生するタイプは進行が遅くなかなか気づかれませんが、
坐骨神経などから脊髄へ向かって増殖・浸潤した場合、進行性の後肢麻痺や麻痺による歩行異常を呈するようになります。
診断にはCT/MRIを用いての画像診断と手術により摘出し病理検査を行う必要があります。
この症例は片側後肢麻痺を呈し、腫瘍が骨盤を乗り越え脊髄へ浸潤しつつあったため、反対側の麻痺への進行を防ぐために腫瘍の摘出と同時に片側骨盤切除+断脚術を実施しました。

腎臓摘出手術

萎縮腎臓 腎臓摘出

腎臓の腫瘍や構造の異常は持続的な血尿やお腹の中のしこり、腫れ、超音波検査などから発見されます。
腎臓(時には腫瘍)摘出手術は大血管に隣接しており難易度も高い腫瘍です。
写真は機能を失った異常な構造の腎臓の摘出手術です。
病理検査により過去の水腎症による萎縮と診断されました。

多発性骨髄腫

多発性骨髄腫

血液のがんの一つです。
形質細胞という白血球が異常増殖する病気で、造血障害による感染症や貧血や出血傾向、破骨細胞の活性化による骨の融解や骨折、
時には高カルシウム血症や高タンパク血症による血液異常も引き起こします。
通常は画像検査・血液検査・タンパク検査・尿検査を組み合わせて診断します。
また、CT検査により骨融解が明瞭に確認できます。
診断後、主に抗がん剤による化学治療を行います。

胆嚢粘液嚢腫

胆嚢粘液瘤1 胆嚢粘液瘤2

胆嚢粘液嚢種は、胆嚢の中にゼリー状の粘液が貯留する病気で、胆泥と粘液物質による胆管閉塞や胆嚢の破裂による胆汁性腹膜炎などが引き起こされます。
症状は、黄疸、腹部痛、元気消失、嘔吐などが認められます。
軽度であれば、お薬や食事療法により管理しますが、重度の場合は、致死的となりますので手術によって胆嚢摘出を行います。

副腎腫瘍

副腎腫瘍 副腎腫瘍ope

副腎腫瘍は、多飲多尿や脱毛など、ホルモン異常から精密検査を受けて発見される場合が多いとされています。
およそ半数は悪性で転移を、良性でもホルモン濃度異常により諸症状や併発疾患も多いとされています。
内科治療を行う事もありますが、根治的には手術が第一選択となります。
手術は副腎という臓器が血管に隣接している関係から非常に難易度が高く、手術前にはCTを実施し場所と術式を決定する必要があります。

膵臓腫瘍(インスリノーマ)

インスリノーマ インスリノーマope1 インスリノーマope2

インスリノーマは、インスリン分泌性β細胞腫瘍であり、犬に稀にみられ、猫では極めて稀な腫瘍です。
人のインスリノーマの約90%は良性ですが、犬ではそのほとんどが悪性(がん)です。
症状は低血糖によるものと代償性カテコールアミンの放出によるものがあり、痙攣発作、虚弱、運動失調、振戦、精神鈍麻などの神経症状が主体となります。最も多い転移部位は、局所リンパ節と肝臓であり、手術時に約50%で既に転移が認められます。
外科手術が第一選択となるので手術方針の決定と転移の有無を調べるためCT検査を実施します。

頸部椎間板ヘルニア

頸部椎間板ヘルニア 頸部椎間板ヘルニアCT横断面 頸部椎間板ヘルニアCT横断面術後 頸部椎間板ヘルニア手術写真

症状として、頭を下げると痛みを感じたり体を固めてしまったり、首をすくめてしまうことがあります。
ひどいものになると体が硬直し、前後肢全てが麻痺を起こし、起立不可能になることもあります。
手術には、背側または腹側からの手術法があり、椎体に窓を開け圧を逃がす方法や椎間板物質を取り除くことにより治療します。
CTや脊髄造影法によって病変部を確認後、手術法を決定しますが、この症例は腹側から椎体に窓をあける減圧術を行いました。

骨肉腫

骨肉種手術写真 骨肉腫 術前後 骨肉腫CT 術前後

骨肉腫は代表的な骨の悪性腫瘍です。患部の痛みにより歩行異常が、時には病的骨折も生じその痛みはだんだんと激しい痛みに変わっていきます。
進行すると腫瘍の増大に伴い、肺や他の骨に転移し生命を脅かします。
治療は抗ガン剤・外科治療(部分切除もしくは断脚術)ですが、 痛みから解放する目的で断脚術を選択する場合もあります。
この症例は診断時明らかな転移巣が見つからなかった為、断脚術を実施しその後、抗ガン剤療法+新薬治療を現在まで行っております。

Grade5 腰部椎間板ヘルニア

術前の脊椎 脊椎の一部
左が術前の脊椎です。右は圧迫を除くために脊椎の一部に窓を開けた画像です。

椎間板ヘルニアとは背骨の間にある椎間板が脊髄を圧迫し、痛みや麻痺を起してしまう病気です。
この症例はミニチュアダックスで椎間板ヘルニアにより下半身が麻痺してしまった為、手術によって圧迫を取り除きました。
しかし術後麻痺が完全に回復しなかった為、更に脂肪幹細胞の移植を行いました。
この治療により、麻痺の改善や自力での排尿が出来るようになりました。

肥満細胞腫

リンパ球の回収 リンパ球の投与
左の画像は無菌状態で培養したリンパ球を回収しているところです。
右はこの症例の猫にリンパ球を投与している様子です。

肥満細胞腫とは肥満細胞という免疫に関わる細胞の腫瘍です。
多くは皮膚に発生し、犬では悪性のがんとされています。
この症例は猫ですが、猫でも全身に転移が認められる事があります。
今回は手術にて皮膚の腫瘍とリンパ節を外科的に摘出しました。
摘出したリンパ節には初期の転移病変が発見された為、リンパ球活性化療法を行いました。
現在は転移や再発もなく、元気に過ごしています。

悪性黒色腫

CT画像 手術前 手術後
左 CT画像:腫瘍発生部位で骨吸収所見が得られています。
中央 手術前:緑矢印の部位に腫瘍があります。
右 手術後:手術前と比べてほとんど外貌に変化は見られませんでした。
摘出部位 レントゲン画像1 レントゲン画像2
左 摘出部位:緑矢印の部位に腫瘍があります。
中央・右 レントゲン画像:赤矢印は下顎の切断線です。

ミニチュア・ダックスフントの左下顎の歯肉に発生した悪性黒色腫の症例です。
悪性黒色腫はがんの中でも進行の早いがんであり口腔内に発生した場合、腫瘍が大きくなるにつれて餌が食べづらくなったり、悪臭が発生したりする為、生活の質も下がります。
治療方法には放射線療法や、化学療法なども挙げられますが、この症例ではCT検査で転移が見つからなかった為、完治を目指して左下顎の部分切除術を行いました。

異物誤飲による腸閉塞

腸閉塞のレントゲン 肉眼で異物による閉塞部を確認 腸切開による異物摘出 異物

食べた物や消化液の流れが小腸や大腸で滞った状態を腸閉塞といいます。
腸閉塞は炎症などや異物・腫瘍などによる外側からの圧迫などにより起こります。
本来食べたものが便まで進まず、ひどい吐き気と腹痛がみられ進行すると腸管が壊死してしまい腹膜炎により命を落とす病気です。
この症例は5日前より嘔吐と食欲廃絶がみられ来院されました。
レントゲンと超音波検査により異物を疑い試験開腹を行いました。
肉眼で異物による閉塞部を確認した為、腸切開による異物摘出を行い、無事調子を取り戻しました。

子宮蓄膿症

エコーで見た子宮 摘出中の子宮と卵巣です。
左 エコーで見た子宮です。
正常な犬の子宮は通常、エコーで見つけることは困難ですが、この症例では子宮内腔にやや高エコーな液体の貯留が認められます。
右 摘出中の子宮と卵巣です。子宮の内部に膿がたまっているため腫れています。

陰部からの排膿を確認し、腹部エコー検査により子宮蓄膿症と診断して緊急手術を行った症例です。
子宮蓄膿症とは、子宮の中に細菌が繁殖して膿がたまってしまう病気で、避妊手術を行っていない高齢の犬にしばしば発生する病気で、生理後に発症することが特徴です。症状は陰部からの排膿、元気・食欲の減退、多飲多尿、嘔吐などがあります。放置しておくと細菌が全身にいきわたり、腎不全、心不全、ショック、DIC(血液凝固不全)、腹膜炎などの合併症を引き起こし、死に至ります。
治療法にはホルモン剤等を使用した内科療法もありますが、第一選択は子宮卵巣摘出術であり、この症例にも手術を適応し、元気に退院しました。